現役栄養士が語る凸凹(でこぼこ)肌をきれいにする5つの方法。自宅で出来る食べるスキンケアと秘密を教えちゃいます。

Pocket

こんにちは(*^^*)!!

以前デリケスキンを紹介させていただいた、

自称美容大好き健康マニアの栄養士(これは自称ではなく、資格保有しております!笑)

きぃと申します!これからたびたび現れると思いますので、何卒よろしくお願い致しますm(__)m

食べるだけで凸凹(でこぼこ)肌を治せる?

まず最初にお伝えしておかなければいけないのですが、、、

食べるだけで凸凹肌を治すことは難しいです。

このページを見に来られた方の多くが、凸凹肌にお悩みを持っていて、

様々なケア方法など調べては試す、調べては試す、だけど治らず。

食べ物も関係するのでは?!と鋭いひらめきから、

このページにたどり着いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まさにその通りで、肌というのはまず身体の一部分ですよね?

そしてその体は、私達が毎日食べているものによってつくられています。

なので肌へのスキンケアももちろんなのですが、その肌(身体)をつくる材料(栄養)もとても大事なものになります。

ではなぜ”食べるだけで凸凹肌を治すことは難しい”のか?

肌にダメージを与えているのは

  • 内側からくるもの…身体の内側の
  • 外側からくるもの…乾燥、紫外線、ケア不足など

繋がっているからなのです。

なのでこのページで栄養について知っていただき、

プラス、今まで調べてこられたスキンケアをしてもらうことが

凸凹肌を治す一番の近道になることと思います。

じつを言いますとわたくし、中学生から専門学校までの青春時代、仕事になれずの社会人1年目まで
ずっとニキビに悩む1人でありました。

好きな男の子と話すときにはタオルで顔をかくしたり(笑)

自分の顔を面と向かって見られるのが大嫌いで、、、

時間はかかりましたが、試行錯誤の末、悩みから解消された毎日を送っています!!

今日は同じような悩みを持つ方の、解決へのヒントになれるよう、

私の試行錯誤の1つ、食べるスキンケアをお伝えしていければと思います!!!

栄養士がスキンケアの為に考えることとは?

肌に良いこと!!!良いスキンケア!!!!と大半の方は想像されるかと思いますが、

肌にいいこと=身体にいいこと

と頭においていただけると、これ幸いです。

化粧水や乳液といった化粧品を使ってのスキンケアをまず基本として、

  • 食べ物
  • 睡眠
  • 身体を動かすことで心身のリフレッシュ

肌がきれいな人に、「いつもなにか特別なことしてるの?」と聞くと

「え?別になにもしてないけど??」とキョトン顔で言われたことはありませんか??

私はこう言われるたびに、嘘でしょ??神様って不公平すぎるーーーー!!!

と心の中で叫んだものです!!笑

でも実は、そういった人たちって、毎日栄養満点のご飯だったり、睡眠をしっかり取れていたり、

適度に身体を動かしていたりと、特別なにかをではなく、いつもの日常生活として実践できてる、

ということもあるんですね。

かくいう私は、栄養士を目指す真面目な学生時代でした、、、と言いたいところですが、

学校に通いながら居酒屋さんでお小遣い稼ぎに励んだり、友達と夜更けまで遊び回ったり、みんなで暴飲暴食なんて、、、笑

今の自称健康マニア生活とは程遠い生活を送っていた筆者でもあります(^_^;)

肌が荒れる仕組みとメカニズム

肌ってどんなふうに出来ているのか?

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

肌はこの3つの層から成り立っていて、この3つの層がそれぞれ正常に働き、
支え合うことできれいな肌が保たれることに繋がります。

ここで、皆さんターンオーバーという言葉、聞いたことはありませんか??

いろいろと調べられていて、もうバッチリリサーチ済み!!という方は
ここはスーッと流して頂いて(^^)
なんとなく聞いたことはあるけど、あんまりよくわかんないというかたへ。

先程あげた肌の層のうち、表皮という部分が肌の一番上(外側)の層になります。

この表皮では、常に新しい細胞が生まれており約28日間で入れ替わりを繰り返しています。

わかりやすく言いますと(最初っからわかりやすく言ってーー!笑)

細胞が生まれて28日経つと、アカとなって剥がれ落ちる。ということですね(^^)

このことを肌のターンオーバーといいます。

赤ちゃんの肌って代名詞と言ってもいいくらいの、きれいな肌ですよね??

赤ちゃんはこの肌のターンオーバーが約28日できちんと行われているので、

あんなにうっとりしちゃうくらいきれいな肌なんです。

ですので逆をいうと、肌のターンオーバーが乱れてくると、肌トラブルに繋がってくるとも言えます。

だったらそのターンオーバーを早くするのがいいのか!!

といきたいところですが、落ち着いてください!!そういうわけでもないのです(>_<)

早くても遅くても良くなく、約28日に整えることが大切になります。

ターンオーバーが早いって?

少し赤みのある肌だったり(ニキビの赤みは炎症なのでまた少し違います)

ヒリヒリするかゆみのあるような肌

また肌に良かれと思っての過度の洗顔も、このターンオーバーを

早めすぎる要因の1つとなる場合があります。

ターンオーバーが遅いって?

少しくすんだ肌であったり、ごわごわっとした肌、

睡眠不足やストレスも十分なターンオーバーが行えない要因の1つとなります。

そして今回のメインとなる栄養もまた、その1つです。

肌が十分に育つ事ができない。

肌に必要な栄養が足りていなければ、未熟なままの細胞がターンオーバーをし

未熟なため乾燥しやすかったり、紫外線などのダメージを受けやすい。

そんな細胞が肌にいつまでも残ってしまうため、

きれいな肌への道を塞いでいることになっているのです。

食べるスキンケアとは?

身体の内側から、きれいな肌をつくる!!

今まで読んでいただいて、もうなんとなくお察しはついていると思いますが(*^^*)

普段の化粧水や乳液などを外から与えるスキンケアとすると、

食べるスキンケアとは、身体の内側から肌を作るための栄養を摂る、食べ物できれいな肌をつくる、ということですね!

これまでいろんなものを試してきたけど、

なかなか思うような変化は得られなかった(T_T)という方は、

食べるスキンケアも試していただけたら嬉しいです。

肌質改善に必要な栄養素とは?

肌の3大栄養素

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

これらがきれいな肌をつくるための肌の3大栄養素と呼ばれるものです。

タンパク質→きれいな皮膚をつくる材料

タンパク質のことを英語で「プロテイン」といいます。

あー!プロテイン!!といいたくなるくらい、よく耳にするものですよね。

プロテインとは、ギリシャ語の「第一に採るべきべきもの」「第一人者」という言葉からきているんです。

これくらい欠かせないもの、ということがここからもわかりますね。

ビタミン→代謝※を助ける

先程のタンパク質などの代謝に欠かせない重要な栄養素です。

常に消費されるものであるのになんと!

そのほとんどが人間の身体で作り出すことが出来ないんです(・_・;)

なので食材から摂っていかなければ!ということになりますね。

ミネラル→代謝※を助ける

ビタミンと同じく代謝に欠かせない重要な栄養素なのですが、

ミネラルは生命を維持していくためにもとても重要な栄養素なのです。

ですが肌の3大栄養素の中でも不足しがちな栄養素となるので、これまた食べ物から

摂っていくことが大事になります。

※食べ物の消化、吸収、老廃物の排泄など)

なんとなく、肌の3大栄養素、わかっていただけたでしょうか?(^^)

お肌に最高なメニューを栄養士が教えます

どんな食材が肌にいいのか?

・卵
良質タンパク質を多く含み、「ほぼ完全栄養食」といわれるくらい

タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます。

・豚肉(脂身はよりもヒレがおすすめ)
代謝を助けてくれるビタミンや、美容ビタミンと呼ばれる肌荒れやニキビに良いビタミンが多く含まれています。

脂身を摂りすぎるとニキビの要因にもなりかねないので、とりすぎには注意してください(>_<)

・青魚
魚の持っている良質な脂身は、お肉の持つ脂身とはまた違っていて、

美肌のためには積極的に摂りたい脂身が!!

・トマト
美肌といえばトマト!と変換されるのくらい私の中で信頼度の高い食材です!!(あ、私の信頼度とか聞いてないですか?笑)

トマトにはリコピンという成分が入っていて美肌に必須なコラーゲンを守ってくれる働きがあるのです。

トマトは常に冷蔵庫に入れていて、なんだか口寂しいなあなんてときに

パクっとおやつ感覚でたべるのも手軽でおすすめです(^^)

・いちご
いちごにはビタミンC がたくさん含まれていてレモンの絞り汁よりも多く含んでいるんです!

絞り汁??そうです、レモンを皮ごと食べると、レモンのほうが多いんです(笑)

だけどすっぱすぎて、いちごのほうが手軽にたべられますよね(*^^*)

そのビタミンC は、コラーゲンを身体の中で作るときに必要な栄養素となります。

・海藻
海藻にはビタミン、ミネラルがたくさん含まれています。

また腸内環境を整えてくれる働きもあるのですが、

腸美人は超美人と言われているくらい(プッと言いたくなるお気持ちもわかりますが本当なんです 笑)

きれいな肌には腸内環境も重要な役割をしているんです。

・乳製品・発酵食品
牛乳などの乳製品や、納豆や味噌などの発酵食品はこれまた腸内環境を整えてくれる働きがあります。

またタンパク質を多く含む食材も多いですね。

肌にいい食材!というと、野菜ばかりが浮かんできそうなのですが、

お肉にお魚など、様々な食材が挙げられるんです。なんだかホッとされた方いませんか?(^^)

この1つをたくさん食べてください!!というよりも、バランスよく食べることが重要です。

実体験に基づく成功例!私はこれで凸凹肌を治しました!

これまで書いてきたことが、私が凸凹肌を治すに当たり調べてきた食べるスキンケアです。

私はとてもズボラな性格なので、きちきちっと決めごとをして実行する。

というのが苦手で(;´∀`)

楽しく!!!

買い物に行ったり、料理するときは、

肌に良い食材をどれだけ選べるかゲーム!!など、楽しみながら実践!!(笑)

また、凸凹肌がなくなった自分を想像する、というのも、

私はなかなか楽しみながら出来ましたよ(*^^*)

手軽に!!!

凸凹時代、チョコレートが大好きで小腹が空けばチョコチョコチョコ、、、

糖分が多いものって、先程あげたような美肌に良いビタミンをたくさん使って

消化されるんです(・_・;)なので不足してしまう、、なんてことも(汗)

なのでトマトのところにも書きましたが、冷蔵庫の中にはいつもトマトを待機させたり、

時間のない朝は、納豆ご飯と味噌汁!とメニューを固定化などなど。

自分が無理なく続けられることが、成功につなぐポイントではないかと思います!

現役栄養士がおすすめするスキンケアレシピ3選

先程あげた肌に良い食材を使ったレシピを3つほど、選んできました!

ポークソテーのトマト煮込み 2人分

豚ヒレ 300g
塩コショウ 少々
オリーブオイル 大1/2
トマト 大2個
■塩 小1/2
■ドライバジル 少々(なくても可)
■にんにく(みじん切り) 半かけ
  1. 1口大にした豚肉に塩コショウを振って揉み込む
  2. 熱したフライパンにバターを溶かし、強めの中火で両面こんがりと焼く
  3. 角切りにしたトマトと■を加え、弱火にし火が通るまでしばらく煮込みます。
  4. トマトがソース状に煮詰まってきたら出来上がり。
    このとき味を見て、足りなければ塩をプラス

たまごとブロッコリーのサラダ 2人分

ブロッコリー 1株
たまご 2個
■ツナ缶 1缶
■ごまドレッシング お好みで
  1. ゆで卵を作り食べやすい大きさに切る
    (熱いうちに殻をむくのが、ツルンと向けるポイントです!)
  2. ブロッコリーを小房にわけ、塩をまぶしてレンジでチン
    (ブロッコリーにもたくさん含まれているビタミンCが水に溶け出るのを防げます)
  3. ゆで卵、ブロッコリーどっちらも冷えたら■の材料を混ぜ合わせたら出来上がり。

いちごのスムージー 2人分

いちご 250g
豆乳 250cc
砂糖 お好みで(なくても可)
  1. いちごのへたをとる
  2. ミキサーに材料を全て入れ、撹拌すれば出来上がり

手軽にパッとできそうなものを選んでみましたが、
いかがでしょうか??

レシピを書いていたら、お腹がすいてきたような、、、、(笑)

ニキビやニキビ跡に効くレシピと秘密を教えちゃいます

私がニキビに悩んでいたとき、こころがけて食べていたのが納豆とトマトでした。

どちらも手軽に手に入り、また好きな食べ物だった、というのもあるのですが(笑)

そのときに実際につくっていたレシピもぜひ御覧ください(^^)

ネバネバ納豆 2人用

納豆 1p
オクラ 1袋
山芋 5センチ
卵黄 1個
  1. オクラを塩ゆでして、小口切りに
  2. 山芋をすりおろす
  3. 納豆とオクラを一緒に混ぜ、上から山芋、卵黄を乗せれば出来上がり

納豆にはタンパク質がたくさん含まれていて、また腸内環境を整えてくれる働きも。

オクラや山芋のネバネバには食物繊維やビタミンがたくさんです!!

そしてほぼ完全栄養食と言われるたまごですね。

夏バテの身体にもバッチリのメニューです!

トマトスープ 2~3人分

トマト缶 1缶
玉ねぎ 中1個
キャベツ 3、4枚
じゃがいも 中2個
鶏肉 1枚
しめじ 半パック
にんにく 1かけ
トマト缶と同量
コンソメ 2個
オリーブオイル 大1
少々
  1. 熱した鍋にオリーブオイル、みじんぎりにしたにんにくをいれる
  2. 細切れにした鶏肉をいれ、ある程度火が通ったらざく切りにしたじゃがいも、玉ねぎ、キャベツ、しめじを入れる
  3. トマト缶、水、コンソメを入れてひにかけてる
  4. 塩で味をつけ、もうひと煮立ちさせればで出来上がり

トマトのリコピンでコラーゲンを守り、キャベツ、しめじのビタミン食物繊維、

じゃがいもにはミネラルも含まれています。

スープはたっぷりと作り置きをして、毎食食べるのをこころがけていました(^^)!

まとめ

凸凹(でこぼこ)肌をきれいにする方法

自宅で出来る食べるスキンケアと秘密

いかがでしたでしょうか??

お肌に良いことを!!と思うと、外からのスキンケアがまず思い浮かび、

いろいろと試してみるといったことを、これまでにしてこられたことと思います。

私もニキビには長いこと悩み、皮膚科に行ってくすりをもらっては、

思うような肌にはなれなかった、、、、ということを何度も経験しました。

私はこういう肌だから、もうしょうがないのかな、と半ばあきらめていた気持ちもありました。

しかしとある友人から、栄養士なのに自分の身体(肌)の管理って出来ないんだね、と言われ、

そのことがきっかけとなり、栄養士の名にかけて!治してやろうじゃないか!!!

とこれまでに書いてきたことを実践し、今ではニキビレスの肌を手に入れることが出来ました。

今までに凸凹肌だからとつらい思いをしてこられた方もいらっしゃるとおもいます。

そんな方へ、私の経験がすこしでも役に立つことを願って、、、

美容大好き健康マニアの栄養士、きぃがお送りしました(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です